その4



 最後の夜。この日は本当に眠れなかった。24時ころベッドに入ったけど、心拍数がすごく高かったのを全身で感じてた。どうやっても眠ることができない。結局、トータルで寝たのは1時間くらいか・・・。朝食も食べずに9時過ぎにチェックアウト。久しぶりに大きな荷物と一緒に、朝の混みあうメトロに乗ってオペラへと向かう。

壮大な建物、オペラ・ガルニエ。
今日はここを見学することに。
 さっそくガルニエの中に入る。なーんかすげー建物だなぁ、と。19世紀後半に作られた劇場で、今でもバレエを中心に、一部オペラも上演されているとのこと。とにかく中のつくりがすごい(^^;)

これが劇場??美術館じゃないの?というくらい
重厚かつ高級な作り。

天井から下がるシャンデリアがすごい。
そして・・・。天井が高い!
 その後ギャラリー・ラファイエットに寄ってお土産を購入し、アイスを食べにシャンゼリゼ通りへ。ちょっと寒かったけど、俺のオーダしたカカオとメロンのダブルシャーベットはうまい!ってゆーか、俺はこのパリで何種類のアイスを食べたのだろう・・・まいっか、好きなんだし。
 友達とはここで別れ、一人でパリ北駅へと向かう。次に目指す地はロンドン。いよいよ、帰国の途につくこと・・・。

 今回どうしてロンドンに行くことになったのか。答えは簡単。帰りのパリ発の飛行機が取れなかったから。 本当はもう少しパリにいたかったのに、仕方なくロンドンに向かうことに。おかげでユーロスター初体験と相成ったのです。
 ユーロスターは、ドーバー海峡を越えてロンドンとパリ・ブリュッセルを結ぶ国際特急。パリ北駅で列車に乗るときから、他とはすべてが違う。まずは列車の発車30分前にチェックインをし、飛行機に乗る感覚で荷物検査+出国審査。ただ飛行機と違うのは。出国審査を過ぎたらすぐにイギリスの入国審査があり、入国理由などいろいろ尋ねられてからパスポートにスタンプ。という要領・・・。

パリ北駅でタリス(右)と並ぶユーロスター(左)
ユーロスター乗り場だけが壁で仕切られている。

ユーロスター専用の待合室。
さながら飛行機搭乗前の雰囲気。
 チケットを手配したパリ14時43分発ユーロスター9037列車は、時刻通りにパリ北駅を出発。もっと快適な列車かと思ったけど、自分の座った席は進行方向に対して逆向きだったのでなんか落ち着かない。幸い列車はガラガラだったのでよかったけど。時計をさらに1時間戻し、気がつけばドーバー海峡トンネルを越えてあっという間の2時間40分。列車は16時27分定刻にロンドン・ウォータールー駅に到着。

英語が表記の中心になってのを見て安心。
ロンドンに到着したことを実感。
 ロンドンに到着後は、全く観光をせずにメトロに乗ってヒースロー空港へ。もったいないと思われるかもしれないけど、今回はあくまでパリが目的であって、ポンドをいちいち作るのもメンドくさかったので仕方なし。ただ、ロンドンのメトロのきっぷを買うときに、自動券売機で日本語の選択が可能だったことにちょっと感動(笑)

ロンドンの地下鉄車内。
なんかめっちゃくちゃ小さくないですか!?
 これまで日本の各地やロス・ミュンヘン・フランクフルト・パリで地下鉄に乗ってるけど、このロンドンの地下鉄もまたいろいろ思うところが。まずは乗換えが不便。パリの場合は小さい通路をいろいろ歩かされるけど、ロンドンはとにかく歩く距離が長い!まずWaterloo駅の改札を抜けてJubilee Lineのホームに行くまでが長い。そしてGreen Park駅でPiccadilly Lineに乗り換えるんだけど、この乗り換えがまた長い。そしてPiccadilly Lineがすさまじく遅い(−−;) 
 結局Watorlooから約1時間で、やっとこさヒースロー空港に到着。搭乗手続きを済ませる・・・。いよいよ帰国の途へ。


 ロンドン・ヒースロー空港といえば先日、テロ未遂事件が発覚したばかり。おかげで手荷物検査やらが厳しくて、ものすごい時間がかかると聞いていたんだけど、予想よりも全然ラクに通過。というかカバンの中を見られなかったし。こんなんでいいのかよとちょっと複雑な気分。
 ロンドンからは、19時35分発の全日空NH202便(JA8096)で成田へ。52番スポットから19時20分ころ搭乗するも、待てど暮らせどプッシュバックせず。どうしたものかと思ったら、一人の乗客が突然搭乗をキャンセルして、バゲージを取り降ろす作業をしてるんだとか。おかげで予定より1時間遅れ、20時30分ころヒースロー27Lをテイクオフ。
 この頃には、前日の睡眠不足も手伝ってものすごい睡魔が襲ってくる。でもここで寝てはダメだ!食事まで必死にこらえる。そして、夕食になんとかありつき、ビールの酔いとも合わせて食後は爆睡zzz。

NH202便の1つ目の機内食。
若鶏の照り焼き風ごはんとサーモンサラダ。
右上にはこっそり一番搾り(笑)
 途中何回かは起きながらも、気がつくと時計は4時を回っていた。日本時間では翌日のお昼12時。なんと6時間も寝続けていたことになる。これは新記録!モニター上ではもう日本の地図をはっきり捉え、遅れも回復してほぼ時刻どおりに成田に着くとのこと。残り2時間程度で、朝食のお時間・・・。

NH202便 2回目の機内食。
チーズオムレツとポテトフライ ベーコン添え。
左側のヨーグルトはハッキリ言って劇マz(自粛
 日本の領空内に入るとシップは徐々に高度を下げ始め、新潟→福島の上空を通過して15時17分、ほぼ予定通りに成田空港16Rに着陸。今回の旅は終わりました・・・。

 最後、バゲージがなかなか出てこなかったり、借りたケータイを返却するのを忘れたりとドタバタはしたけれど、なんだかいろいろ考えてしまったこの6日間。でも現実を忘れることができて本当に楽しかった!この6日間、お世話になった人たちに感謝します。
そして本音をいえば・・・やっぱり帰ってきたくなかった。それだけ楽しかった1週間でした。
 最後までお読みいただきありがとうございました。

前へ  トップへ  レポートトップへ