Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 

その1

アメリカ空軍のサンダーバーズが、西太平洋ツアーの一環として来日した。
唯一の平日展示となった千歳基地では、この日のために一般開放が行われ、
主催者発表で38000人が来場、15年ぶりのサンダーバーズの曲技飛行に酔いしれた。

(撮影データはすべて 航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15)


朝方は雨がぱらついていた千歳基地。
だが、基地に到着した8時には日が差していた。


エプロンには、本日の主役である8機のみが展示されていた。


地上支援用のトーイングカーや資材まで、全てがサンダーバーズの塗装。
ブルーインパルス以上にとことん徹底されている。


10時30分、ウォークダウンが始まった。
整備士がそれぞれの機へと行進する。


ブルーとは違い、パイロットが一列に行進することはこの日はなかった。
日によって使い分けているのだろうか??


ずっとこの絵が撮りたかった。
欲を言えばもう少し近くで・・・。


準備が完全に整ったサンダーバーズ。
いよいよ最高レベルのショーが始まる。


RWY18Lへ向け1番機からタクシーアウト。
フライトリーダーとしてグレッグ・トーマス中佐が搭乗する。


こちらはソロの5番機。
背面飛行が多いことから、数字の5が上下逆さまになっている。


新千歳空港の発着が停止された11時。
轟音とともに4機が離陸し、いよいよショーが始まった。

レポートトップへ   次へ