Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 

その2

(撮影データはすべて 航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15)


すっかり青空が広がった。
離陸後最初の演目、"Diamond Loop"。


"Opposing Knife Edge"。
バーズでは、会場中心にて5番機と6番機がすれ違う演目が多い。
さすがにスピードが速く、カメラの連写でも対応できないが・・・。


青空に4機の白いスモークが映える。
"Arrowhead Loop"。


会場上空で4機が360ループ。
ブルーに比べてスモークの色は薄く感じるが、なかなか晴れないのが少し撮りにくいところ。


やはり戦闘機、ブルーとはスピードも音も全然違う。
全体的に大技が多いので、ブルーにはブルーの良さはあると思うが・・・。


とにかく間合いがなく、1〜4番機の演技とソロの演技の間隔が小さい。
観客に息をつかせる暇もなく次々とショーが展開される。


サンダーバーズの有名な科目、"Calypso Pass"。
ブルーインパルスでも同様の科目が過去にはあった。


1番機〜4番機による"Diamond Pass in Review"。
ファンブレイクの逆バージョンだと思えばよい。


今年、ブロック52になってから加わった新科目、"High speed Head-on Pass"。
目の前でクロスした2機が急上昇、続いてさらに背面で交差する。


2回目のクロスを終えて急上昇。
さすがに動きが速すぎる。


米パーを引きながら5番機がハイレート。
少しずつ周辺には雲が広がってきた。


6機が揃った"Delta Bottom-up Pass"。
描かれた鳥のイラストで、本当に鳥が飛んでいるようにも見える。


Delta Rollを終えて6機が会場上空を飛ぶ。
それぞれがベイパーを引きスピード感が際立つ。


こちらもバーズの代表科目、"Reflection Pass"。
意外に進入速度が速いことに驚いた。


あっという間の50分がたち、全ての演目が終わった。
しかし、地上に戻ってからのバーズの演技も見逃せない。

 前へ   レポートトップへ   次へ