Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 

その1

晴れの特異日とも言える11月3日だが、2010年も素晴らしい晴天に恵まれた。
ブルーインパルスの人気も手伝ってか、過去最高の28万人という観客動員を達成した。
(撮影データはすべて 航空自衛隊入間基地にて 2010.11.3)


オープニングフライト直後、最初のフライトはいつもの飛行点検隊から。
こういうフォーメーションで飛んだのは記憶の限り今回が初めてだ。


老兵YS-11C(12-1160)。今年も元気に青空の中を舞った。


独特のプロペラ音を響かせながらの急旋回を魅せる。


U-125は、今年は39-1042が使用された。


背後に谷川連峰を望みながら・・・。
今年も素晴らしい天気の中、ここでしか見られないYS-11を楽しむことが出来た。


続いては、のちほどデモフライトを見せるC-1が3機離陸した。


は航空総隊司令部飛行隊5機によるフライト。
まずは3機によるフォーメーションテイクオフ。


続いて2機が大空へと飛び立った。


今年もソロ1機+フォーメーション4機によるフライトが展開された。


フォーメーションを組んだ4機が、さまざまな隊形を見せる。


総隊司令部に所属する熟練パイロットが魅せる。


RWY35に着陸し、観客の前を通過しながらラインへと帰投する。


先ほど離陸した3機のC-1が、フォーメーションを組んで入間上空に戻ってきた。


C-1の迫力のフライトが見られるのも、美保とここ入間だけだ。


超低空で飛んできたC-1を、地上展示されているブルーと絡めて・・・。


そしておなじみ、陸上自衛隊習志野空挺隊による空挺降下。


毎度毎度のことながら、彼らの技量には本当に恐れ入る。

レポートトップへ   次へ