Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 

その1

陸上自衛隊のエキスパート集団、第1空挺団による恒例の空挺降下訓練始め。
今年、はじめて出かけてみた。

(撮影データは全て陸上自衛隊習志野演習場にて 2013.1.13)


基地内のシャトルバス・・・??自衛隊の車両がシャトルに使われていた。
乗ってみたかったけれど、あまりの混雑のため歩いたほうが早いという結論に。


広大な訓練場の中をトボトボと歩いていく。


思ったよりずっと広かった演習場。
このトラックでは、東日本大震災の活動記録なども放映されていた。


訓練前から、時折要人を乗せて飛来してきた各機。


10時50分。試験降下が行われた。
快晴・微風の下、UH-1Jから試験降下員が飛び立つ。


試験降下は、一切のコントロールを加えずに降下するのだそうだ。
初めて知った。


枯れ草と砂埃を巻き上げて着陸。


11時10分、いよいよ訓練が始まった。
まずは第1空挺団長の前田陸将補が自ら降下。


見事なランディングを見せてくれた。


小野寺防衛大臣を乗せたチヌークが到着。


5つの桜の旗が防衛大臣の証。


さっそく訓練が始まった。
今年のテーマは初の離島奪還訓練。まずはP-3Cが上空を飛行する。


そして高高度から空挺隊員がさっそくのダイブ。






見事な着地とともに、次の任務に備えてパラシュートを折りたたむ。

レポートトップへ   次へ