Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 

その13

(撮影データは全てRAF Fairfordにて 2013.7.21)


イタリアのKC-767とイギリス・イタリアのTyphoonによる空中給油デモ。


お後は・・・おそらく最後のふらいととなるバルカン。


自分もVulcan to the skyに僅かながらの募金をしてきた。
今、2015年の再飛行に向けた準備が進められているという。


本当に絶妙の角度でランディング。RIATでのバルカンは一区切りを迎えた。


おあとはフィンランド陸軍のNH90ヘリコプター。


これだけの空でも、このカラーリングはコントラストが効いて助かる。


この日限定の登場となった、フランスのPatrouille de France.
この日彼らはダブルヘッダーのようで、午前中の曇り空の下でフライトを行った。


4機ずつ、2回に分かれてテイクオフ。


最初は編隊飛行、後からソロディスプレイというのが彼らの基本スタイルのようだ。


フランスの国旗に見立てた赤・白・青のスモーク。


この時間帯が一番天気が悪く、初めてのパトフラは残念なフライトだった。


それでも、一応ローショーはすべてこなしてくれたようだ。


カラースモークはこういう空でも映えるから良い。


いやぁ・・・やっぱり晴れた青空の下で撮りたかったなぁ。


このまま着陸せず帰国の予定で、一度フェアフォードを離れたのだが・・・。
エマーのコールが入り、2機が戻ってきてしまった。


そしてその後、全機が続いて着陸。
午後予定されていた別の場所でのショーは中止になったようだ。

前へ   レポートトップへ   次へ