アメリカで開発されたUH-60ヘリを日本向けにアレンジしたヘリコプター。
世界20カ国以上で使用されている。


芦屋基地救難隊に所属するUH-60Jヘリコプター(68-4564)。
各地の航空祭で展示飛行を行う。
航空自衛隊築城基地にて 2007.11.24


要救助者を担架に収容しヘリコプターに収容する。
救難隊は全国9基地に展開し、U-125とセットで運用される。
航空自衛隊築城基地にて 2007.11.24


近年に導入されたUH-60JからはF-2と同様の洋上迷彩塗装となり、イメージが大きく変わった。
写真は百里救難隊所属の18-4551。
航空自衛隊入間基地にて 2009.11.3

航空写真indexへ