Total: Today: Yesterday:
 Free Traveler
    http://freetraveler.whitesnow.jp 


北海道2両目のSLとして復活したC11-207号機。
独特の二つ目玉を路に照らして函館本線を走る。


霧雨の振る中、盛大な煙とドレーンを吹いて大沼公園を発車するC11-207。
函館本線 大沼公園〜赤井川にて 2008.7.20


その翌日は深い霧に覆われた大沼のほとりを行く。
何度も撮りに行ってるが、どうもこの列車の撮影には縁がない。
函館本線 仁山〜大沼にて 2008.7.21


いかめしで有名な森駅で折り返しの小休止をするC11-207。
函館本線 森にて 2008.7.21


同じくC11-207を後ろから見たところ。
2つのヘッドライトが独特の顔を作り出している。
函館本線 森にて 2008.7.21


森駅で発車準備を整えたSL函館・大沼号(9990レ)
客車はSLすずらん号用に整備された14系車両が使われている。
函館本線 森にて 2008.7.21


ところ変わってかつてC62が咆えた函館本線の山線。
旧型客車を従えたC11-207が紅葉深まる秋を行く。
函館本線 銀山にて 2008.10.23


札幌の大都会の高架線をDE15に牽引されて進むC11-207+SLニセコ号。
動力こそ身を委ねているが、確かに蒸気の息吹が聞こえる。
函館本線 桑園にて 2008.10.23

SLトップへ