アメリカ空軍のアクロバット飛行チームで、ネバダ州ネリス空軍基地を拠点とする。
2009年よりF-16C/D ブロック52へ機種転換され、09年には日本に来日してデモフライトを展開した。

2009/10/15:千歳基地サンダーバーズ一般公開レポートはこちら
2009/10/18:三沢基地航空祭(サンダーバーズフライト)はこちら



千歳基地で8機が並んだサンダーバーズ。
通常の飛行では6機が使用され、2機は予備機となっている。
航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15


三離陸前のタクシーアウトをする1番機のF-16C(92-3880)。
有事の際は72時間以内に実戦使用できるよう常に準備されている。
航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15


美しい編隊を見せる「Diamond Pass in Review」。
航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15


サンダーバーズの代名詞ともいえる「Calypso Pass」。
上部の5番機(92-3896)は背面飛行が多いことから、数字が上下反転されていることがわかる。
航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15


サンダーバーズ唯一の複座(F-16D・91-0466)タイプ。
通常はデモに使用されることはなく、予備や訓連用として配備されている。
航空自衛隊千歳基地にて 2009.10.15


6機でデルタループを見せるサンダーバーズ。
ブルーインパルス以上に編隊とソロが分業化されており、6機揃っての科目は少ない。
米軍三沢基地にて 2009.10.18


2009年よりブロック52へ機種転換されたサンダーバーズ(92-3908)。
従来より運動能力の高い、ダイナミックなアクロバティックフライトが見られるようになった。
米軍三沢基地にて 2009.10.18

航空写真indexへ